【初心者向け】NFTゲームをやるのに必要なPCのスペック・値段【普通のPCかゲーミングPCどっち】

NFT

・NFTゲームを不自由なくプレイしたい

・必要なスペック・値段を知りたい

・普通のPCかゲーミングPCどっちがいいのか知りたい

こういった疑問に答えます。

※僕自身、自作PC経験者なのである程度参考になると思います

スポンサーリンク

結論 : ゲーミングPC一択(ミドルスペック、15~20万円)

やはり将来性やできる幅を考えるとゲーミングPC一択かなと考えています。

IlluviumというNFTゲームですらGTX1050ti以上を推奨しています。

また今後メタバース関連が流行るとなるとどうしても3Dグラフィック処理を必要とするので必然的にゲーミングPCが必要になるでしょう。

後々詳しく説明しますが、15万円を超えるゲーミングPCならほぼGTX1050ti以上のスペックを備えています。

ミドルスペックとは(スペックの違い)

ゲーミングPCは主に3種類のスペックに分けられます。

まず前提知識としてCPUは主に「Intel」と「AMD」という2種類のメーカーがあります。

「Core i○○」というやつは「Intel」

「Ryzen○○」というやつは「AMD」

「どっちを選べばいいのかわからない」という方は「Intel」をおすすめします。

Intelのほうが3Dゲームに最適化しており性能が同じでもAMDよりIntelのほうがスコアが高い傾向にあります。

お次はGPUのお話を。

GPUは主に「GeForce」と「Radeon(AMD)」という2種類のメーカーがあります。

「GTX○○」「RTX○○」というやつは「GeForce」

「RT○○」というやつは「Radeon」

「どっちを選べばいいのかわからない」という方は「GeForce」をおすすめします。

先ほど「CPUはIntelがええで」といったのとかなり関係があって。

Intelと相性がいいのがGeForceだからです。

Radeonはコアなユーザーしか使ってませんね。まじで。

ロースペック

CPU : Core i3・Ryzen3 以下

GPU : GTX1050・Radeon RX 550

メモリ : 4GB

ゲーム内の設定をいじればマイクラなど比較的軽いゲームがプレイ可能

ミドルスペック

CPU : Core i5・Ryzen5 以上

GPU : GTX1660・RX6500XT

メモリ : 8GB~16GB

Apex、フォートナイトなど設定をいじれば比較的重いゲームでもプレイ可能

ハイスペック

CPU : Core i7、COre i9・Ryzen7、Ryzen9

GPU : RTX3060(RTX3000シリーズ以上)・RX5700XT

メモリ : 16GB~32GB

基本的に何でもできる。最強。

※「ゲーミングPC」としての基準のなので通常のPCと比べるとスペックの基準は高めです。

PCの仕組みをわかりやすく解説

タップで拡大

上の図解はゲーミングPCを細分化したものとなっております。

マザーボード」というパーツ(基盤)に「CPU、GPU、メモリ」などのパーツを合体させて最後に「PCケース」に収納するといった感じです。

基本的にどのゲーミングPCもこのような構成で成り立っております。

逆にこんな単純なパーツ同士の組み合わせ・仕組みで動いています。

PCって結構簡単なんですよ。

仕組みを知ったことで少しは苦手意識が和らいだことでしょう。

通常のPCとゲーミングPCってなにが違うの?

画像のやつがGPU(グラフィックボード)

GPU(グラフィックボード)」の有無です。

GPUとは3Dグラフィックを処理するのになくてはならないパーツです。

こいつがないと画面が映りません。

「え?自分のPCにはGPUなんて搭載してないのに画面映るよ?」

という方もいると思います。

実はオンボードグラフィックというものがあります。

CPUやマザーボードなどにGPUを模倣した機能が実装されている場合があります。

そいつ(オンボードグラフィック)のおかげで画面が映るんですねぇ。

デスクトップPCとノートPCどっちがいい?

個人的にはデスクトップPCをおすすめします。

デスクトップPCは拡張性があり(パーツ交換しやすい)USBやHDMIなどの端子の数も多いのでなにかと便利です。

USBがあることで色々なデバイス(マウス・キーボード)を接続できるしHDMIやDisplayPortがあることで複数のモニターに画面を出力・入力することができます。

ノートPCは拡張性がなく、USBやHDMIなどの数も少ないので不便に感じる場面のほうが多い印象です。

それぞれのメリット・デメリット

デスクトップPC

メリット
  • 拡張性(パーツ交換がしやすい)が高い
  • ノートPCと同じ値段でもスペックが高い傾向にある
  • ようはノートPCより「コスパが高い傾向にある」
デメリット
  • 大きいので場所をとる
  • PC本体が重いので移動が大変

ノートPC

メリット
  • 持ち運べる
  • 自室、リビング、図書館などその日の気分によって作業部屋を変えられる
デメリット
  • デスクトップPCと同じ値段でもスペックが低い傾向にある
  • ノート(小型)にしているので費用がかすむ
  • ようはデスクトップPCより「コスパが低い傾向にある」

おすすめのメーカー・ゲーミングPCを紹介

おすすめのメーカー

  • ドスパラ
  • パソコン工房
  • フロンティア
  • マウスコンピューター

の4つになります。

この4つの中からまた絞るとなるとドスパラパソコン工房かなと思っております。

ドスパラはパソコン工房に比べ出荷が早く、パソコン工房はドスパラに比べ値段が安い傾向にあります。

個人的にはコスパ最強のパソコン工房をおすすめします。

おすすめのゲーミングPC

ここで豆知識いいすか?

どのゲーミングPCメーカーも定期的にセールをやっています。

このセールがとんでもなくて数万円安くなるとかザラにあります。

ですのでゲーミングPCを購入する際は各メーカーのセールが開催していないか確認することをおすすめします。

おすすめのデスクトップゲーミングPC

ドスパラ : GALLERIA RM5C-R35
CPUCore i5-12400
GPU(グラボ)GeForce RTX 3050
メモリ16GB
パソコン工房 : LEVEL-M066-124-NAX
CPUCore i5-12400
GPU(グラボ)GeForce RTX 3050
メモリ16GB
フロンティア : FRGAFH570/M721/NTK(夏のセール 8/18まで)
CPUCore i5-10400F
GPU(グラボ)GeForce RTX 3060
メモリ16GB
マウスコンピューター : G-Tune HM-B
CPUCore i5-11400F
GPU(グラボ)GeForce RTX 3060
メモリ16GB

※これら性能(スペック)の差はほとんどありません

おすすめのノートゲーミングPC

ドスパラ : GALLERIA RL5C-R35T(最低限)
CPUCore i5-11400H
GPU(グラボ)GeForce RTX 3050 Ti
メモリ16GB
ドスパラ : GALLERIA XL7C-R36H(石油王専用)
CPUCore i7-12700H
GPU(グラボ)GeForce RTX 3060
メモリ16GB
パソコン工房 : LEVEL-15FX151-i7-PAFX-D
CPUCore i7-11800H
GPU(グラボ)GeForce RTX 3050 Ti
メモリ16GB
フロンティア : FRVN712/B
CPUCore i7-11800H
GPU(グラボ)GeForce RTX 3050 Ti
メモリ16GB
マウスコンピューター : G-Tune P5-RT
CPUCore i7-12700H
GPU(グラボ)GeForce RTX 3050 Ti
メモリ16GB

※これら性能(スペック)の差はほとんどありません

まとめ

個人的にはNFTゲームをやるにはゲーミングPC一択かなと。

Illuviumなど高グラフィックのNFTゲームがリリースされるということなのでこれから(半年~1年)はもっともっと高グラフィックのNFTゲームがローンチするんじゃないかなと思っております。

またメタバースなどはかなりのPCスペックが要求されますのでやはり普通のPCよりゲーミングPCのほうが優先度が高いと思います。

デスクトップのゲーミングPC購入してモニター三枚とか設置してお金稼ぎましょうよ。

モニターなどのガジェット類に興味がある方は下記記事を読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました