【NFT】marimo(まりも)とは?買い方を解説

NFT
  • marimo(まりも)ってなに?
  • marimo(まりも)の買い方を知りたい
  • 初心者にもわかるように説明してほしい

こういった疑問に答えます。

スポンサーリンク

NFTとは世界に1つだけのデジタルデータ

本編に入る前にまずは「NFT」とはなんなのかについて簡単に説明していきます。

NFTとは「Non Fungible Token」の略でして日本語に訳すと「非代替性トークン」という意味になります。

また「非代替性トークン」を簡単に言い換えると「替えが利かない唯一無二のデジタルデータ」という意味になります。

いままで容易にデジタルデータをコピーや改ざんできていました。

ですが「NFT」の登場によって容易にコピーや改ざんができにくくなりデジタルデータの価値を担保できるように。

ではなぜNFTはデジタルデータの「コピー」や「改ざん」ができにくくなるのでしょう?

それは「ブロックチェーン」という技術によって実現されています。

ブロックチェーンとは「情報を記録する技術」のことです。

ブロックに「デジタルデータなでの情報を格納」チェーンは「ブロックを過去から現在まで1本の鎖で繋いでいます

これら2つを合わせて「ブロックチェーン」ということになります。

つまりNFTはデジタルデータに価値を持たせることを実現した技術というわけです。

だから「NFTはただのデジタルデータだ!!」というのが通用しません。

marimo(まりも)とは?

marimoは「まりもを育て成長を楽しむという全くもって新しいNFT」です。

もっとわかりやすく言うと「NFT版たまごっち」みたいなものです笑。

たまに水を変えてまりもを育てます。

また他の人のまりもの水を替えてあげることもできます。

marimoのコンセプトは「NFTに興味がある初心者さんたちが入り口となるNFT」。

marimoは名前の通り「まりも」しかありませんので「どのNFTを買えばいいのかわからない」ということがありません。

とにかくNFTに興味がある初心者さんのためのNFTプロジェクトとなっております。

marimoについてもっと詳しく知りたいという方はファウンダーであるけんすうさんのnoteを御覧ください。

NFTについて考え続けたら、答えは「🟢まりも」になった件について|けんすう
こんにちは! 今、『web3』と呼ばれる、ブロックチェーン技術などを元にした新しいサービスの作り方が盛り上がっています。その分野で盛り上がっているものの一つが『NFT』と呼ばれるものです。 NFTという単語は聞いたことあっても「デジタル画像を売れる」とか「高額で転売とかできるらしい」みたいな印象の人も多いと思います...
NFTプロジェクト名marimo.life
販売数10,000体
価格(2022年9月9日時点)0.02ETH(3,400円)
発売日2022年9月7日
公式サイトhttps://marimo.life/
公式Twitter@marimoNFT_life
公式Discordなし
公式Openseamarimo.life

marimo(まりも)の買い

STEP1:ビットフライヤーで無料口座開設

STEP2:MetaMaskのアカウント作成

STEP3:ビットフライヤーでETHを購入

STEP4 : ETHをMetaMaskに送金

STEP5:MetaMaskとOpenSeaを連携

STEP6 : marimoを購入

STEP1 : ビットフライヤーで無料口座開設

marimoを購入するには「ETH(イーサリアム)」という仮想通貨が必要となります。

その「ETH」を購入するためには「仮想通貨取引所の口座開設」が必須です。

仮想通貨取引所であるビットフライヤーの口座開設をしちゃいましょう。

ビットフライヤー口座開設の手順を知りたい方は下記記事まで👇

関連記事 : 【簡単10分】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する5STEP【BTC貰える】

STEP2:MetaMaskのアカウント作成

MetaMaskとは万能な財布のようなものです。

このMetaMaskにETHを入れてETHが入ったMetaMaskをOpenseaに繋いでmarimoを購入するという流れです。

MetaMaskの作成方法は下記記事まで👇

関連記事 : 【画像で解説】メタマスク(MetaMask)ウォレットの登録方法

STEP3:ビットフライヤーでETHを購入

ビットフライヤーでETHを購入していきます。

関連記事 : 【簡単】bitFlyer(ビットフライヤー)でETH(イーサリアム)を買う方法

STEP4 : ETHをMetaMaskに送金

購入したETHをMetaMaskに送金していきます。

関連記事 : 【簡単】仮想通貨をbitFlyer(ビットフライヤー)からMetaMaskに送金する方法

STEP5:MetaMaskとOpenSeaを連携

Openseaに飛んでMetaMaskを接続・連携します。

関連記事 : 【簡単】Opensea(オープンシー)始め方・ログイン方法

STEP6:marimoを購入

marimoのOpenseaはこちら

お気に入りのNFTを探し購入していきます。

関連記事 : 【初心者向け】NFTアートの購入方法を解説【Opensea / オープンシー】

marimo(まりも)を購入する際の注意点

初心者の方は特に気を付けてほしいことがあります。

それはNFT・仮想通貨界隈では「Scam(詐欺)」がかなり横行しております。

しかし詐欺が横行しているかといってNFTなどに触れないのは勿体ないです。

過去に起こったScamの事例を知って対策する。

自分の身は自分で守らなければなりません。

  • 公式サイトのURL(ドメイン)をしっかり確認する
  • 公式サイトに飛ぶ際は公式TwitterのプロフィールURLから飛ぶ
  • DM・リプは99%詐欺
  • OpenseaのHiddenは詐欺の宝庫
  • うまい話に乗らない

サイトのURL(ドメイン)をしっかり確認する

公式サイトに飛ぶ際は公式TwitterのプロフィールURLから飛ぶ

Opensea以外のサイトもこのような形で各公式サイトに移動してください。

詐欺サイトに引っかかることもなく安全です。

DM・リプは99%詐欺

これらすべてScam(詐欺)なので無視が吉です。

OpenseaのHiddenは詐欺の宝庫

More→Heddenの順番でクリック。

わぁ凄い(棒読み)

これらすべて詐欺ですので絶対に触らないようにしてください。

うまい話に乗らない

これもリプやDMの話なんですけど。

「僕のNFTプロジェクトの一員にならない?」

「僕の持ってるCNP(有名なNFT等々)を君にあげるからパスワード教えてくれない?」

など僕たちに利益が”あるように”仕向けるリプやDMは100%詐欺です。

気を付けましょう。

marimo(まりも)に関するQ&A

初期費用はどのくらい

2022年9月9日時点で0.02ETH(3,400円)

NFTをTwitterアイコンにする方法

JPEGにしてアイコンに設定する方法とツールを使う方法があります。

僕はめんどくさいのでJPEGにしてアイコンに設定しています。

がJPEGの場合NFTがただのデジタル画像として扱われるのでNFTとしての恩恵は受けません。

ブロックチェーンに刻まれちゃんとNFTとしての恩恵を受けたい方はツールを使うことをおすすめします。

(ツールを使うといってもMetaMaskを接続するだけで使える簡単仕様)

関連記事 : 【5分で終わる】NFTをTwitterアイコンに設定する方法

まとめ : marimo(まりも)は買わないと損

まりもの水を替え大きく育てていく一風変わったNFT。

コンセプトは「NFTに興味がある初心者さんたちの入り口となるNFT」。

  • 専門用語・技術的な話が難しくとっかかりにくい
  • どのNFTを買えばいいのかわからない
  • コミュニティに参加したいけど流れが早すぎて追いつけない

などNFTは初心者さんにとってかなり敷居が高いのです。

そんな敷居が高いのを払拭したのがmarimo。

販売されているNFTはすべてまりもでコミュニティに貢献などもなく気楽なのが魅力的です。

また販売数(10,000体)が多く値段(0.02ETH 3,400円)が比較的安いため初心者さんにおすすめです。

marimoを購入するには仮想通貨のETH(イーサリアム)が必要となります。

ですのでmarimoを購入したいという方はビットフライヤーで口座開設をしてETH(イーサリアム)を購入しましょう。

最短5分で無料で口座開設できる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました